森からはじまる いのち くらし 地球環境シンポジウム

HOME | 森からはじまる いのち くらし 地球環境シンポジウム

 森からはじまる
いのち くらし 地球環境
シンポジウム

  
2020年11月に日本でも気候非常事態宣言が出されました
地球規模で局地的な猛暑と寒冷、豪雨災害などにとどまらず
火山の噴火、地震、森林火災など
目に見えるかたちで気候変動が加速化しています
 
世界的な環境学の権威である
東大名誉教授・山本良一先生は
「人災における温暖化現象のティッピングポイント(臨界点)が
間近に迫り、運命の岐路に立っている」
「そう遠くない未来に風速80メートル級の風が吹く」 可能性があると言われています
 
私たちは誰もができることから
行動していきたい
そう考えています

その一つとして木を植えること
そしてもう一つが
この気候変動の現実を伝えるため
シンポジウムの開催をしています
 
今の若者世代が、その行動を起こせる
最後の世代と言われています
2020年11月に日本でも気候非常事態宣言が出されました。地球規模で 局地的な猛暑と寒冷、豪雨災害などにとどまらず火山の噴火、地震、森林火災など目に見えるかたちで気候変動が加速化しています
 
世界的な環境学の権威である 東大名誉教授・山本良一先生は、「 人災における温暖化現象のティッピングポイント(臨界点)が間近に 迫り、運命の岐路に立っている」 「そう遠くない未来に風速80メートル級 の風が吹く」 可能性があると言われています
 
私たちは誰もができることから 行動していきたい。 そう考えています

その一つとして木を植えること。 そしてもう一つが、この気候変動の現実を伝えるためシンポジウムの開催をしています
 
今の若者世代が、その行動を起こせる 最後の世代と言われています


第1回 未来への羅針盤 ー北海道の新たな扉を開くー
(森からはじまる いのち くらし 地球環境シンポジウム)

          2016年3月26日

第1回 未来への羅針盤
ー北海道の新たな扉を開くー
(森からはじまるいのち くらし
地球環境シンポジウム)

2016年3月26日

 

東京大学名誉教授で環境学の世界的権威・山本良一先生、日本経済人懇話会会長の神谷光徳氏、映画監督の白鳥哲氏、火山マイスターの川南恵美子氏を講師としてお招きし、シンポジウムを開催しました

 

 
プログラム

第一部
開演
 オープニング映像
 主催者挨拶 酒井嘉子
 紹介映像 神谷 光徳先生
 ご講演 神谷 光徳先生
 ご挨拶 札幌市副市長 吉岡 亨氏
 ご講演 白鳥 哲監督
 ご講演 川南 恵美子先生
第二部
 ご講演 山本 良一先生
 まとめ 神谷 光徳先生
     山本 良一先生
        コーディネーター/酒井 嘉子
 詩の朗読/白鳥 哲監督
閉会


第2回 未来への羅針盤ー北海道から新たな扉を開くー
(森からはじまる いのち くらし 地球環境シンポジウム)

          2017年7月18日

 
 

東京大学名誉教授の山本良一先生、生駒芳子氏、高木晴光氏、
滝沢泰平氏をお招きしての講演と、清野光氏の森人間エシカルファッションショーを開催いたしました。

第2回 未来への羅針盤
ー北海道から新たな扉を開くー
(森からはじまる いのち くらし
地球環境シンポジウム)

2017年7月18日

 
 
東京大学名誉教授の山本良一先生、生駒芳子氏、高木晴光氏、滝沢泰平氏をお招きしての講演と、清野光氏の森人間エシカルファッションショーを開催いたしました。
 

プログラム
第一部
開演
 司会挨拶
 主催者挨拶 酒井嘉子
 ご講演 高木 晴光氏
 ご講演 滝沢 泰平氏
第二部
 協賛社の紹介
 森人間エシカルショー 清野 光氏
 ご講演 生駒 芳子氏
第三部
 基調講演 山本 良一氏
 まとめパネルトーク
 来年のシンポジウムと
  9月の植樹祭の告知
   酒井嘉子
 閉会の挨拶 安江 哲氏
閉会


地球環境問題は解決すべく世界の最優先課題と言われています。
自然界は猛威を振るいあたかも私たちに警告を発しているかのようです。火山の噴火や記録的な豪雨による洪水、山崩れ、土砂災害など今まででは考えられないような自然災害が多発しています。東大の名誉教授で、文部科学省や環境省でも様々な環境に関する委員を務められ、多くの企業にも影響を与えてこられている「宇宙船地球号グランドデザイン」の著書でもある山本良一先生は、これら一連の現象は、地球の長期の寒冷氷河期において、人災における温暖化現象である、このままではティッピングポイント(臨界点)

間近に迫ると訴え、このまま私たちが温室効果ガスを削減し砂漠化現象を食い止めていかなければ温暖化に伴い海からのメタンガスの放出、干ばつ、洪水、地震、火山の噴火、感染症の蔓延、水不足、食糧不足といった現象が様々に起こりだすという研究結果が出ていると仰っています。
それらは決して遠い未来のことではなく、間近に迫る危機感はもちろんのこと、可能な限りの解決に立ち向かうことの必要性を感じると共に、今の若者の世代がその行動を起こすことのできる最後の世代といわれています。

 
ーーーリンク集ーーー

いのちの森は
洞爺湖有珠山ジオパークの中にあります

いのちの森は
洞爺湖有珠山ジオパークの中にあります

いのちの森に設置された気象情報データ装置とカメラは
株式会社みどり工学研究所との連携でリアルタイムで観測しています。

いのちの森に設置された気象情報データ装置とカメラは
株式会社みどり工学研究所との連携でリアルタイムで観測しています。