宮脇昭先生・宮脇方式とは

HOME | 宮脇昭先生・宮脇方式とは

宮脇昭先生
宮脇方式とは

宮脇方式とは

 

その土地に本来自生し、生態系に最も適した樹種群(潜在自然植生)を選定し、苗木を育て、密植・混植型植樹により森を促成していきます。自然の成り行きによって競争・共存させ、それぞれの特性を生かしながら自然の状態を蘇らせる手法です。
宮脇先生は国内はもとより、世界各地1,700ヵ所以上で4,000万本以上の植樹指導、実践をしています。その手法により、それまでは何百年もかかると言われていた森の再生が数十年という単位で成功することを証明しました。
 

名誉顧問 
宮脇昭プロフィール

1928年岡山県生まれ。
広島文理科大学生物学科卒業。
理学博士、哲学博士、農学博士、林学博士。

ドイツ国立植生研究所研究員、横浜国立大学教授、国際生態学会会長を経て現在は横浜国立大学名誉教授、公益財団法人地球環境戦略研究機関国際生態学センター長。紫綬褒章、勲二等瑞宝章、第15回ブループラネット賞、1990年度朝日章、日経地球環境技術大賞、ゴールデンブルーメ章、チュクセン章等の数々の賞を受賞。現在に至るまで国内外1,700ヵ所以上で森づくりを続け、森の神様、4千万本の木を植えた男と評されています。
 

活動・運動

徹底した現場調査から、その土地に自生してきた最も安定して在続するその土地本来の潜在自然植生の樹種の苗木を育て、多種類を密植混植させて共生させる植樹法、宮脇方式を生み出しました。鎮守の森のような自然ないのちの森づくりの手法、それまで数百年かかると言われていた森が、数十年という単位で再生することに成功し証明しました。
地球規模の森林破壊や地球温暖化が加速する中、生態系を守り、防災機能をも果たし自然災害に強い森となります。
すべてのヒトの尊いいのちと心と遺伝子を守り、地域、経済、豊かな社会を支え守る本物の森づくりを提唱しています。
2015年に体調を崩した後も、植樹祭の指導、出筆活動を続けています。

 
宮脇方式の森づくりは、苗木を植える土づくりの整地を大切にしています。山の場合は、約1,5メートル程まで深く根の張るクマ笹ユンボで掘り起こして、地中でしっかりと呼吸と栄養分を吸収できほっこらほっこらとした柔らかい土づくりを施します。そしてややマウンド状に仕上げ潜在自然植生の樹種を多数まぜて密混植させて植える方法です。水を充分に含ませた苗木を1平方メートルあたり3本植え、植えた後に稲わらか麦わらをたっぷりと敷き縄で抑えます。わらを敷きは苗木を雨風から守り、保温、栄養を与える役割を果たします。

こうして根をしっかりと張り、森林の再生のスピードを速めて気候変動にも対応していく森は、防災林機能をも果たす森となります。

著書

 
「日本植生誌(全10巻)」至文堂
「植物と人間〜生物社会のバランス」NHK出版
「緑環境と植生学〜鎮守の森を地球の森に〜」
NTT出版
「明日を植える〜地球にいのちの森を〜」
毎日新聞社
「次世代への伝言  自然の本質と
人間の生き方を語る」地湧社
「森の長城が日本を救う」河出書房新社
「森の力」講談社現代新社
《その他多数》

 

受賞

 
1992年 紫綬褒章受賞
2000年 勲二等瑞宝章受章。
毎日出版文化省受賞
1990年度朝日賞受賞
ブループラネット賞受賞
KYOTO地球環境殿堂入り
「世界を変える100人の日本人」に選ばれる
《その他多数》

 

ーーーリンク集ーーー

いのちの森は
洞爺湖有珠山ジオパークの中にあります

いのちの森は
洞爺湖有珠山ジオパークの中にあります

いのちの森に設置された気象情報データ装置とカメラは
株式会社みどり工学研究所との連携でリアルタイムで観測しています。

いのちの森に設置された気象情報データ装置とカメラは
株式会社みどり工学研究所との連携でリアルタイムで観測しています。